3億円事件 国家と人間

三億円事件
3億円事件 国家と人間

3億円強奪事件はすぐに解決していた。犯人(少年)の父親は第八方面交通機動隊中隊長 父親は組織の要求と協力を得て、事件の5日目に息子を殺害した。青酸カリによる毒殺である。ほとんどの警察官は何も知らず、必死に時効まで捜査を続けた。過労による殉職者も2名。事件の真相を知る少数の者たちが警察組織全体をわざと混乱させた。 この事件は国の組織がどういうものであるのかを気づかせてくれる。 この手の闇の仕組みは決して警察だけに潜んでいるのではない。あらゆる公的組織にあり、それらは密かに統率されている。

タイトルとURLをコピーしました